2010年06月07日

<H2Aロケット>不明の相乗り衛星ハヤト「生きてた!」(毎日新聞)

 H2Aロケット17号機で5月21日に打ち上げられた後、所在不明となっていた鹿児島県産人工衛星「KSAT(愛称ハヤト)」の電波受信に6月1日夜、開発責任者の西尾正則・鹿児島大教授が成功した。西尾教授は「打ち上げから10日たっても正常作動しており、地域の実力を示せた」と受信を喜んだ。

 KSATは、鹿児島大や地元企業などが共同で開発。代表者の西尾教授によると、同大に置いた地上局で1日午後8時58分、初めて電波受信に成功。2日午前1時45分ごろまで計17回受信した。

【関連ニュース】
金星探査機:「あかつき」正常に飛行
H2A:打ち上げ成功 金星探査機「あかつき」無事分離
H2A:打ち上げ…金星探査機「あかつき」載せ 種子島
H2A:打ち上げ準備の最終段階 21日早朝打ち上げへ
H2Aロケット:新たな打ち上げ予定は21日早朝

<スルメイカ漁>水揚げ09年の4倍、豊漁に一安心 北海道(毎日新聞)
首相動静(6月4日)(時事通信)
女性に乱暴し現金強奪 容疑の会社員逮捕(産経新聞)
大野一雄さん死去 「舞踏」を確立(産経新聞)
年109万円もらう橋下知事「子ども手当、7人の食費に」(産経新聞)
posted by ワカスギ ヒロシ at 14:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。