2010年05月26日

生物多様性の日 富士山麓で外来種駆除(毎日新聞)

 国連が定めた「国際生物多様性の日」の22日、富士山麓(さんろく)の静岡県富士市大淵で、環境省指定の特定外来生物オオキンケイギクの駆除活動があった。NPO法人・富士山クラブの指導で、三菱重工業の社員と家族56人が取り組んだ。繁茂する国道469号沿いの約2000平方メートルの範囲で、45リットル入りごみ袋49袋分(約3万8000株)を抜き取った。毎日新聞富士山再生キャンペーン事務局も8月1日、読者を対象にした駆除活動を計画している。

【関連ニュース】
社説:みどりの日 トキに学ぶ生物多様性
環境教育セミナー:「生物文化多様性とアニミズム」テーマに 6月5日開催
生物の多様性ってなに?/1 大量絶滅時代
地球規模生物多様性概況
生物多様性条約

フラれそう。距離を置かれた。浮気された。・・・・・・それでも、まだ間に合います(マーチン)
工作機械生産、28年ぶり首位転落=中・独に抜かれ、日本3位−09年
臓器移植・提供の普及啓発促そう―「Gift of Lifeプロジェクト」発足(医療介護CBニュース)
日病が新執行部披露パーティー(医療介護CBニュース)
農水相不信任案、提出を検討=自民(時事通信)
posted by ワカスギ ヒロシ at 10:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。